忍者ブログ

玩具・ゲーム・アニメ・特撮・漫画あたりを広く浅く。の予定。

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[レビューもどき] ソウルジェムライト 叛逆の物語セット
※撮影環境や編集技術がへぼかったり夜中に無理して撮ろうとしたりして、
 平気で白飛びしてたり光の当たり方や色が変だったりしますがご容赦ください。買わなかったならお前が悪いんだよ!!
(PM16時ごろ:「呪いよりおぞましい色」の動画を追加しました)


魔法少女まどか☆マギカ ソウルジェムライト 叛逆の物語セット
ご注文期間:2014年4月21日(月)11:00~2014年6月20日(金) 23:00終了予定
お届け月:2014年8月発送予定

当商品は生産上の都合により、予定していた発送月が変更となります。
■変更後 2014年12月(追記:2014年8月11日)

お届け日:2014年12月23日発送
…ということで、受付終了から数えて半年、クリスマスイブまで待たされてようやく到着しました。

拍手


◆パッケージ
 
輸送箱はプレバンおなじみ、商品名堂々記入のプチ宅配テロ仕様。\レモンエナジー/
「魔法少女まどか☆マギカ」の「☆」まで書かなくていいんじゃないかな。


改めてパッケージ。
アルティメットまどかと悪魔ほむらの紋章、"SOULGEM LIGHT" "REBELLION SET"が左右対称・上下反対に刻まれています。

 
 
正面以外も「叛逆の物語」本編のビジュアルで統一。
側面はエンディングのまどほむみたいな女の子が左右別々に。
上部はピンクの糸、下部はアルティメットまどかの壁画みたいななアレ。

 
斜め上から見下ろせば"SOULGEM LIGHT"なまどか仕様、上下ひっくり返すと"REBELLON SET"なほむら仕様。


そして裏面、エンディングのラストの2人揃って走っていくシーン。限定品でも凝ってるパッケージは大好きです。

◆内容物一覧
 
・ダークオーブ
・ほむらソウルジェム(呪いよりもおぞましい色ver.)
・ほむらソウルジェム(世界再改編ver.)交換パーツ
・まどか、ほむら、マミ、さやか、杏子ソウルジェム
・取扱説明書

 「商品を歩道橋の上から投げる・噛み砕く・飲み込むなど、危険な行為はしないでください。」
ガチャのソウルジェム系シリーズでおなじみの注意書き、今回もありました。
ソウルジェムストラップ5同様、叛逆本編準拠の「噛み砕く・飲み込む」が追加されています。
箱開けて真っ先に確認した期待を裏切らなくてありがとう。

◆ダークオーブ

ソウルジェムライトだけどダークオーブ。
上の宝石部分を回してスイッチON/OFF。LEDはピンク~薄紫。
真ん中の宝石部分は以前のソウルジェムライトシリーズと同じく、
シボ加工(シワシワ・ザラザラの加工)がされているので、ラメとは少し違う感じでキラキラ光って見えます。


宝石の中にスイッチが入っているので、ちょっと気になるかも。
上の画像はスイッチを裏から撮って、こっちはスイッチを正面から撮ったとき。


やはりライトシリーズと同じでLEDも強力。上の宝石にも光が届きます。真っ暗な部屋で光らせるとスゴい。


「ソウルジェムストラップ5」と比べるとこんな感じ。

・ライトに合わせて大型化しているが、各部バランスはほぼ同じ(というか拡大させただけ…?)
・真ん中の宝石にシボ加工、上の宝石の中の模様(◇)の彫刻を追加。
・同じ光沢ブラックでも、プラスチックになった分、ライトの方がシャープに見える。
・紫の色合いが違う。ライトはピンク~あずき寄りの薄い紫、ストラップは濃い紫。
・底面の処理、版権表記の刻印箇所が違う。
 ライトは底面が電池ボックス+電池フタに版権表記。
 ストラップは底面に悪魔ほむらのトカゲの紋章、版権表記は突起の裏面。

値段が全然違うのであんまり比べるのもナンですが、ライトの方が素材の質感や凝った加工で見栄えするものの、
底面に紋章が入っていて、違う角度から見て楽しめる点ではストラップの価値は変わらないと思います。
色合いがだいぶ違うのは好みが分かれそう。どっちの方が本編に近いか、見直さないと思い出せない…。

◆ほむらソウルジェム(呪いよりもおぞましい色ver.)

「ソウルジェムストラップ5」同様の印刷+裏面メタリック塗装なので、色の見た目の割にキレイな処理です。
ヒビ割れも入ってますが、やっぱりストラップの設計を拡大して使い回しているような。



ライトならではの「呪いよりもおぞましい色」の表現として、多色発光LEDを使用。約10秒で1ループする間に点滅・点灯を繰り返します。
発光色によって模様も変わって見え、「呪いよりもおぞましい色」で世界が塗り潰されていく劇中のシーンの雰囲気が十分に再現できていると思います。


写真では魅力が伝わりにくいと思うので動画も。
ところで「呪いよりもおぞましい色」って、いい略し方ないですかね。

◆ほむらソウルジェム(世界再改編ver.)

「呪いよりもおぞましい色ver.」の上部を取り替えて再現。
劇中再現としてはある意味間違っていないんですが、そんなところを再現されても困ります。


発光させても「『なんだこれ』みたいな色」にしかならないので、差し替えなのがつくづく疑問。
印刷処理は相変わらずキレイです。

◆ほむらソウルジェム


ほむらソウルジェム3連発、ラストは普通のソウルジェム。
モロにコストダウンしてる赤LEDなんかじゃない、
紫LEDで宝石部分も光沢仕上げになった、本当に普っ通ーのほむらちゃんらしいソウルジェム。
…LED色変更でコストがかかっているのは分かるけれど、こっちが原作準拠なので「普通」以上の感想が出てきそうにない。

と思ってたけどよく見たら表面に2箇所接着剤が飛び散った跡が付いてた!5000円以上するんだからしっかりしてよバンダイ!!


台座にヒビ割れが入ってないことに目を瞑れば(というかほとんど目立たないし)、世界再改編verの発光台座としてはいい感じに見えます。

◆まどか・さやか・マミ・杏子ソウルジェム

ソウルジェムの形は変わらないので4人まとめて。断じてほむらちゃん以外が面倒になったわけでは無い。
ほむらジェム同様、宝石部分を光沢仕上げに、まどかを専用のピンクLEDに。

個人的には「ソウルジェム」の名前通り宝石のように輝くこちらの方が好みですが、
透明度が上がった分、内部のLEDや電池ボックスも見えやすくなっているので、これはこれで苦手な人もいるかも。
ともあれ、以前のライトシリーズからきちんと仕様変更していて、「抱き合わせ」感は薄くなっているはず。


ところでマミジェムがゴミ入ったまま成型されてました…。5000円以上してるんだって言ってんだろーがバンダイ!!

◆おわり

before → after

ストラップで既に出尽くしたアイテムなので、特別目新しくはないものの、
ダークオーブも「呪いよりもおぞましい色」も、ライトギミックを生かした設計で差別化は十分。
プレバンだからこそできるであろう、凝ったパッケージも魅力的。

しかし、300円ガシャポンで出ていたシリーズが「7個と余りの皮1枚で5400円」というのは、やはり割高感あり。
新規造形、印刷処理、専用LED使用などで1個1個のコストが高い(ガシャポンだと少数封入・レアアイテムにされる)とはいえ、
単純に見たら「300×7=2100円+αのところ、2倍以上の5400円」。

いっそ6000円以内まで足を出して台座をもう1個付けた8個セットだったら、もう少し満足できたかもしれない。

◆満足度 6/10

PR
  
COMMENT
NAME
MAIL (非公開)
URL
COMMENT
PASS(コメント編集に必須)
管理人にのみ公開
 
Calendar
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Search
Copyright ©  -- Helter_SKelter / ヘルター・スケルター --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]